3歳のお祝いで着る「着物」と「被布」です。

子供に着せたい七五三衣装
子供に着せたい七五三衣装

3歳のお祝いで着る「着物」と「被布」です

3歳のお祝いで着る「着物」と「被布」です。
「被布」とは着物の上にかぶる前掛けのようなもので、自分の子供が七五三のお祝いをするまで、その存在すら知らなかったものでした。

「被布」は朱色のものをと言われているそうですが、今では着用する着物に合わせて、デザインもカラーも自由にコーディネートできるようになっています。頭にはかわいらしいかんざしも着物に合わせて選び、かわいい足に小さな草履もまたコーディネートして、素敵な3歳のお祝いをしてあげたいと思っています。
最近では現代風の着物や、スーツやワンピースで七五三を迎える方も多いそうです。

しかし、三歳、五歳、七歳と成長の筋目に近くの氏神様に参拝して無事成長したことを感謝し、これからの将来の幸福と長寿をお祈りする古くからの習わしは、それに則った着物と作法で行うのが子供のためにも良いのではないかと思います。早めに予約しておかないと、気に入った貸衣装で撮影がしてもらえないので、もうそろそろ準備を始めるつもりです。

できれば子どものいつもとは違う姿を見たいと思い

できれば子どものいつもとは違う姿を見たいと思い、和服を着せたいと思っています。
私には2人の子供がいます。それぞれ2回ずつ七五三を終えています。合計4回お宮に行きましたが、その時周りのお子さんの恰好を見て、やはり和服はとても良いと感じていました。
先ず1つ目は、女の子はまだ和服のお子さんもいましたが、男の子の場合は洋装のお子さんが殆どだったので、和服の方が目立つという事です。
一生のうちに何度も行うものではないので、やはりできれば自分の子供は目立たせてあげたい、そういう気持ちが私にはあるからです。
もう1つは和服でも洋風の柄などもあり、いろいろな着こなし方ができるのです。
特に女の子の場合はレースなどをふんだんに使った物もあり、昔ならではのものとはまた違ったかわいらしさがありました。

今までこうして七五三の服を見てきて、やはり私は子供には和服を着せたいと思っています。確かに着崩れてしまったりする事もありますが、それもまた七五三の良い思い出になるのではないでしょうか。勿論数えで行うと3歳の時などは、和服は難しいと判断せざるを得ない事もあるかもしれませんが、できれば和服で参加させてあげたいと思っています。

Copyright (C)2017子供に着せたい七五三衣装.All rights reserved.